ロゴHAコンサルティング株式会社

経験豊富な専門家による人材アセスメントで企業の人材力を強化

2019年04月29日
カテゴリー:

能力開発は、キーとなるディメンションの啓発から

人材アセスメントには、演習課題、アセッサー、ディメンションという3つの必要な要素があります。

この3要素が揃って初めて人材アセスメントを実施することができます。

 

今回は、このうち「ディメンション(能力要件)」について書かせていただきます。

弊社がお手伝いさせていただく人材アセスメントにおいては、以下のような考え方でディメンションを設定することをお薦めさせていただいています。

ディメンションは、資質的側面、思考的側面、対人的側面といったように、側面ごとに検討します。

マネジメントを担う人材のディメンションをこの3つの側面で設定することで、バランス感覚の良い人材が、人材アセスメントにおいて高評価を受けることにつながります。

その上で、この3側面ごとに具体的なディメンション(例:分析力、自立性、リーダーシップなど)を設定していきます。

ディメンションの数は、通常12~16程度で設定させていただいています。
ただし、企業様によって管理職やリーダーに求める人材像や企業内のコンピテンシー等が違いますので、最終的にはそれに合わせる形で、側面やディメンションは設定されます。

 

ここで、今回のテーマである“能力開発は、キーとなるディメンションの啓発から”に触れさせていただきます。

実はディメンションには、連動性があります。

これは、あるディメンションが良ければ、多くのディメンションにプラスの波及をもたらすというものです。一方、あるディメンションが悪ければ、多くのディメンションにマイナスの波及をもたらすというものです。
それがキーとなるディメンションとなります。

 

管理職以上の人材アセスメントにおいては、“自立(自律)性”や“自主独立性”など意味のディメンションが設定されることが一般的です。

この“自立(自律)性”や“自主独立性”がキーとなるディメンションです。

“自立(自律)性”は、通常弊社では以下のように定義しています。
「他に依存することなく、自己の考えや価値基準に基づいて主体的に行動をとる能力」

 

このディメンションの発揮度が高い方は、インバスケット演習などの演習に臨む際、情報への向かい方が違います。その上で分析も一生懸命にしようとします。

また集団場面(グループ討議演習)でも、集団成果に貢献しようと率先して動きます。

個人面談場面(面接演習)でも、自身の意見を明確に打ち出しますし、自己の裁量の範囲も広い傾向があります。

一方、このディメンションの発揮度が低い方は、情報への接し方が受け身的です。結果として、分析や意思決定も後手に回る傾向があります。

集団場面でも、後発に回りがちです。

個人面談場面でも、相手に振り回わされたり、自己の方針ではなく組織のルールや経験則に依存した対応になったりしがちです。

結果として、他のディメンションも水準より低い発揮度になりがちです。

 

管理職を目指す方の能力開発は、波及効果が高い、キーとなるディメンションを中心に行うことがおすすめです。

“自立(自律)性”や“自主独立性”といったキーとなるディメンションを強化することで、より効果的にマネジメント能力を強化することにつながります。

 

次回は、この“自立(自律)性”や“自主独立性”の強化方法について書かせていただきたいと思います。

 

 

 

・弊社の人材アセスメント研修の詳細は、こちらから

 

・書籍「人材アセスメント受験者、管理職のためのインバスケット演習

の詳細は、こちらから

 

 

新着情報

2020年07月25日
【お知らせ】新刊「インバスケット演習と面接演習の実践」発売開始
2020年07月21日
【投稿】テレワークや在宅勤務下における指示・依頼文書はインバスケット演習で強化
2020年07月09日
【お知らせ】Webアセスメント研修をご紹介させていただきます
2020年04月03日
【お知らせ】新刊「インバスケット演習の実践」が発売開始
2019年09月26日
【お知らせ】新刊書籍がAmazon”売れてるビジネス書週間ランキング”で前週もランクイン

書籍のご案内

インバスケット演習と面接演習の実践(ラーニングス)著者:西山真一

管理職やリーダー、これから管理職を目指される方などを対象にした実践的マネジメントのアウトプット型学習書籍です。

 

本書は、“インバスケット演習”と“面接演習” というケースを活用してマネジメントを疑似体験していただき、マネジメントの経験値を高めると共に、その基本的な考え方を理解して、あなたの潜在能力の発揮度を高めていただけるように企画しました。

振り返り学習することで、職場ですぐに使える「考える力、決める力、人や組織を動かす力、部下とのコミュニケーション力」などマネジメント実践力を向上させることが期待できます。

今回はインバスケット演習の“基礎編”を掲載させていただきます。また、“面接演習”を初公開させていただきました。
面接演習は、問題を抱える部下に対する状況設定の中で上司として部下面接をするというケースを掲載しております。
実際にロールプレイングに取り組んでいただければと思います。

 

詳細は、こちらをご覧ねがいます

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

インバスケット演習の実践(ラーニングス)著者:西山真一

管理職やリーダー、人材アセスメント受験者などを対象にした実践的マネジメントのアウトプット型学習書籍です。

 

インバスケット演習を通じてマネジメントを疑似体験することで、管理職・リーダーとしての経験値を高めることができます。
今、部下がいなくても、まだ管理職でなくても、大丈夫です!

職場ですぐに使える、考える力、決める力、人や組織を動かす力などを向上させることが期待できます。
是非、本書を通じて、一生役に立つ!マネジメント実践法を身につけてください。

 

【学べます】
・管理職や経営者として活躍するためのマネジメント実践法
・経営や組織の分析方法や、管理職としての方針の立て方
・問題解決をするための思考プロセス、意思決定プロセス、実行プロセス
・部下や周囲への指示や依頼の出し方と留意点
・成果管理の方法

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

人材アセスメント受験者、管理職のためのインバスケット演習(ファストブック)著者:西山真一

インバスケット演習を活用してマネジメントを実践的にトレーニングすることができるビジネス書籍です。

本書は、次のような方にお薦めです。

  • これから管理職を目指される方
  • これまでにインバスケット演習を体験された方で、「悔しかった」、「もっと勉強したい」、「再チャレンジしたい」、「繰り返し体験してさらにマネジメント能力を高めたい」、「再度受験するので勉強したい」などの思いをお持ちの方
  • すでに管理職・経営者だけど、マネジメントの知識をさらに強化したい、実践的なノウハウを学びたいという方
  • 職場で通用するマネジメントを実践的に学びたい方
  • これから人材アセスメントにチャレンジされる方

 

詳細は、こちらをご覧ねがいます

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

管理職の基本と原則(労務行政)  著者:本田和盛

『人事が伝える労務管理の基本』からマネジメントに関する項目を抜き出し、さらに管理職として必要となる実践知を大幅に加筆した管理職向け基本テキストの決定版。すでに1万人以上の管理職に読まれ、バイブルとして活用されている。やる気の無い部下への対処法、部下を育てる叱り方など部下指導のノウハウが手に取るように分かる。管理職研修のサブテキストとしても多くの企業で採用されている。

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします

管理職の理論と実践(労務行政)  著者:本田和盛

『管理職の基本と原則』に続いて上級管理職向けに書き下ろしたマネジメントの理論と実践の書。組織を動かし業務を遂行する。業務を管理し成果を高める、複雑な問題に対処する、リーダーシップを発揮しチームをまとめるなど、管理職に必要なマインドセットとスキルセットについて100項目にわたり図解入りで解説している。ヒューマンアセスメントで求められているスキル項目の理解にも役立つ。

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします