ロゴHAコンサルティング株式会社

経験豊富な専門家による人材アセスメントで企業の人材力を強化

2019年04月27日
カテゴリー:

質が高いインバスケット演習とは

インバスケット演習は、人材アセスメントの際に、一つの演習として受講者の方に取り組んでいただきます。

 

人材アセスメントの目的は、一義的には受講者個々の能力診断をすることです。

能力診断は、それぞれの会社や組織で定めたディメンション(能力要件)ごとに行います。

 

よく勘違いをされるのが、次のようなことです。

「通常の試験問題のように、インバスケット演習の回答そのものに点数をつけているのでは・・・」

(例えば、80点、70点といったように。)

 

人材アセスメントでは、通常そのような点数のつけ方をしないのが一般的です。

受講者の方が回答用紙にアウトプット(発揮)した内容を、アセッサー(通常複数)が見て、予め定められたディメンション(能力要件)ごとに、人事評価のように評点(通常5点法、7点の場合もあります)をつけるのです。

しかも、それは複数のアセッサーが複眼で見ることで、精度を極力高めるようにしています。

 

話を元に戻しますが、

インバスケット演習では、特に思考的側面を中心に能力診断をします。

思考的側面とは、例えば、課題設定力、分析力、判断力、決定力、計画力、プロセス管理力などです。これらは、会社や組織、階層ごとに設定が行われます。

さらに、ディメンションごと(例えば、“分析力”)に、どのような行動をすれば良いのか、どのような行動をすれば悪いかのといった定義づけが事前に行われます。

その定義に基づいてディメンションごとに、複数のアセッサーによって評点がつけられます。

 

通常、人材アセスメントでは、演習はインバスケット演習だけではなく、グループ討議演習など複数の演習を組み合わせて行いますので、インバスケット演習の評点だけで、評点が決定されるわけではなく、最終的には、すべての演習に対する受講者の発揮度を総合的に勘案して決定されます。

そうすることで、より精度が高い能力診断が可能になります。

 

ここで、今回のテーマの“質が高いインバスケット演習とは”どういったものか?といいますと、事前に設定した各ディメンションの発揮度を確認できる内容になっているかどうかが重要なポイントです。

 

一方、発揮度を確認できる内容になっていないインバスケット演習は、質が高いインバスケット演習とは言えないのです。

例えば、分析力を診断したいのに、インバスケット演習に分析をできる内容が盛り込まれていなければ、受講者は発揮することはできません。決定力を診断したいのに、意思決定をできる内容が盛り込まれていなければ、受講者は発揮することはできないのです。

また、あまりにも情報量が多いインバスケット演習は質が高いとは言えません。それでは国語の試験になってしまいます。管理職レベルの人材アセスメントでは、国語の読解力のようなことを診断することは通常はありません。人材アセスメントは、あくまでも管理職として必要な能力要件を診断することが企業や組織から求められています。情報量が多すぎることで、本来確認したい能力要件を確認しにくいことにつながりかねません。一方で、受講者の方には、ある程度早く情報を理解したり、優先順位をつけて対処したりすることは求められますので、ちょうど良い情報量が必要です。

さらに言えば、選択肢があるインバスケット演習は、能力診断を目的そする人材アセスメントには向きません。受講者が考えて自ら選択肢を用意する。それをみてプロのアセッサーが診断することに意味があります。

 

質の高いインバスケット演習は、事前に設定した各ディメンションの発揮度を確認できるように、行動心理学の理論も踏まえて逆算して設計されています。

そのため、受講者の発揮度を確認しやすいものになっています。

結果として、精度が高い人材アセスメントを実現することができるのです。

 

私たち人材アセスメントを実施する会社では、正確な人事データを企業や組織に提供させていただくことが使命です。

今後も責任を持って、質の高いインバスケット演習などの演習課題の作成に取り組んでいく所存です。

以上

 

 

・弊社のインバスケット研修の詳細は、こちらから

 

・弊社の人材アセスメント研修の詳細は、こちらから

 

・書籍「人材アセスメント受験者、管理職のためのインバスケット演習

の詳細は、こちらから

 

 

新着情報

2020年10月01日
【お知らせ】インバスケット試験(法人向け)を始めました
2020年07月25日
【お知らせ】新刊「インバスケット演習と面接演習の実践」発売開始
2020年07月21日
【投稿】テレワークや在宅勤務下における指示・依頼文書はインバスケット演習で強化
2020年07月09日
【お知らせ】Webアセスメント研修をご紹介させていただきます
2020年04月03日
【お知らせ】新刊「インバスケット演習の実践」が発売開始

書籍のご案内

インバスケット演習と面接演習の実践(ラーニングス)著者:西山真一

管理職やリーダー、これから管理職を目指される方などを対象にした実践的マネジメントのアウトプット型学習書籍です。

 

本書は、“インバスケット演習”と“面接演習” というケースを活用してマネジメントを疑似体験していただき、マネジメントの経験値を高めると共に、その基本的な考え方を理解して、あなたの潜在能力の発揮度を高めていただけるように企画しました。

振り返り学習することで、職場ですぐに使える「考える力、決める力、人や組織を動かす力、部下とのコミュニケーション力」などマネジメント実践力を向上させることが期待できます。

今回はインバスケット演習の“基礎編”を掲載させていただきます。また、“面接演習”を初公開させていただきました。
面接演習は、問題を抱える部下に対する状況設定の中で上司として部下面接をするというケースを掲載しております。
実際にロールプレイングに取り組んでいただければと思います。

 

詳細は、こちらをご覧ねがいます

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

インバスケット演習の実践(ラーニングス)著者:西山真一

管理職やリーダー、人材アセスメント受験者などを対象にした実践的マネジメントのアウトプット型学習書籍です。

 

インバスケット演習を通じてマネジメントを疑似体験することで、管理職・リーダーとしての経験値を高めることができます。
今、部下がいなくても、まだ管理職でなくても、大丈夫です!

職場ですぐに使える、考える力、決める力、人や組織を動かす力などを向上させることが期待できます。
是非、本書を通じて、一生役に立つ!マネジメント実践法を身につけてください。

 

【学べます】
・管理職や経営者として活躍するためのマネジメント実践法
・経営や組織の分析方法や、管理職としての方針の立て方
・問題解決をするための思考プロセス、意思決定プロセス、実行プロセス
・部下や周囲への指示や依頼の出し方と留意点
・成果管理の方法

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

人材アセスメント受験者、管理職のためのインバスケット演習(ファストブック)著者:西山真一

インバスケット演習を活用してマネジメントを実践的にトレーニングすることができるビジネス書籍です。

本書は、次のような方にお薦めです。

  • これから管理職を目指される方
  • これまでにインバスケット演習を体験された方で、「悔しかった」、「もっと勉強したい」、「再チャレンジしたい」、「繰り返し体験してさらにマネジメント能力を高めたい」、「再度受験するので勉強したい」などの思いをお持ちの方
  • すでに管理職・経営者だけど、マネジメントの知識をさらに強化したい、実践的なノウハウを学びたいという方
  • 職場で通用するマネジメントを実践的に学びたい方
  • これから人材アセスメントにチャレンジされる方

 

詳細は、こちらをご覧ねがいます

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

管理職の基本と原則(労務行政)  著者:本田和盛

『人事が伝える労務管理の基本』からマネジメントに関する項目を抜き出し、さらに管理職として必要となる実践知を大幅に加筆した管理職向け基本テキストの決定版。すでに1万人以上の管理職に読まれ、バイブルとして活用されている。やる気の無い部下への対処法、部下を育てる叱り方など部下指導のノウハウが手に取るように分かる。管理職研修のサブテキストとしても多くの企業で採用されている。

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします

管理職の理論と実践(労務行政)  著者:本田和盛

『管理職の基本と原則』に続いて上級管理職向けに書き下ろしたマネジメントの理論と実践の書。組織を動かし業務を遂行する。業務を管理し成果を高める、複雑な問題に対処する、リーダーシップを発揮しチームをまとめるなど、管理職に必要なマインドセットとスキルセットについて100項目にわたり図解入りで解説している。ヒューマンアセスメントで求められているスキル項目の理解にも役立つ。

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします