ロゴHAコンサルティング株式会社

経験豊富な専門家による人材アセスメントで企業の人材力を強化

2019年06月25日
カテゴリー:

方向性や重要課題設定のための思考プロセスとは(1)

 

人材アセスメントの際に、インバスケット演習や分析発表演習で、組織の方向性や戦略、重要課題を設定したいただくことがあります。

 

さすがに企業や組織の幹部候補の方々は、すごくお勉強をされてきますので、いろいろなフレームワークを活用して、組織の方向性や戦略、重要課題を導き出そうとします。

 

多いのが、3C分析(Customer:市場・顧客、Competitor:競合、Company:自社の3つの頭文字をとったもの)、そしてSWOT分析(外部環境のStrengths:強み、Weaknesses:弱み 内部環境のOpportunities:機会、Threats:脅威の4つの頭文字をとったもの)です。

 

フレームワークを活用することは、非常に素晴らしいことなのですが、基本的なことや、大切なことの理解が不十分なまま、取り組まれている方が多いように思います。

 

課題と問題を正確に理解する

 

まず基本的なことでありがちなのが、“課題”という言葉と、“問題”という言葉の意味が錯綜しているケースです。

 

結果として、「課題」という項目出しをしておきながら、内容に課題も、問題も入り混じっている。あるいは、課題ではなく問題を書き並べているといったケースもあります。

反対に、「問題点」という項目出しをしておきながら、課題を書いているといったケースもあります。

 

ビジネスにおいては、一般的には以下のように意味づけられています。

 

「問題」とは

会社や組織にマイナスの影響を及ぼす事実や状況や、現状と目標に差が発生しているという事実や状況のことをいいます。

 

(例)不採算取引きが多くなっている、ミスが多い、故障が頻発する、トラブルが多い、コストが高すぎる、社員のモチベーションが低い、ハラスメントが頻発している、などといった言葉になります。

 

「課題」とは

理想的な状態と現状とのギャップを埋めるための取り組みや、やるべきことをいいます。

 

(例)組織のマネジメント体制を強化する、コンプライアンス意識を醸成する、チェック体制を強化する、検品を強化する、社員とのコミュニケーション時間を確保する、などといった言葉になります。

 

 

フレームワークの活用の際に注意すること

それから、フレームワークの活用の際に、大切なことの理解が不足しているケースがあります。

 

フレームワークを活用することは、素晴らしいことだと思います。

フレームワークは、思考展開を手助けしてくれるツールであり、かつビジュアル的に分かり易いなどのメリットがあり、活用自体は良いと思います。

 

しかし、目的は、問題の本質や、方向性や戦略などを論理的に導き出すことです。

それを自分の頭で整理して考えて出さずに、ただ情報を転記して終わりにしては、あまり意味がないのです。

 

ありがちなのが、

SWOT分析をしているが、4象限のマトリックスにただ与件情報を転記しているだけで、終わっているケースです。

これではSWOT分析ではなく、SWOT整理にとどまっているといえます。

 

SWOTで整理した情報を自分で考えて、「結局どういうことが言えるのか」を導き出すことが分析ということになります。

その際には、根拠を伴っていることが必要です。また時には仮説を使う場合もあります。

 

また、SWOT分析も、3C分析も、両方のフレームワークを活用している方もいます。

気持ちは、分かりますが、2つのフレームワークを使う必要はないものと思います。

おそらく、同じような情報を抽出することになると考えられるからです。

状況に応じて、どちらかの活用をするのがよいと思います。

 

インバスケット演習や分析発表演習は、通常かなりタイトな時間で取り組んでいただきますので、2つのフレームワークを使う時間があるのなら、別のことを優先して取り組んでいただきたいと思います。

 

 

参考までに、方向性・重要課題の設定の思考プロセスを図にしたものを紹介させていただきます。

 

 

 

・弊社の人材アセスメント研修の詳細は、こちらから

 

 

・書籍「人材アセスメント受験者、管理職のためのインバスケット演習

の詳細は、こちらから

 

 

Amazonでのご購入は、こちらから

 

 

 

新着情報

2020年07月25日
【お知らせ】新刊「インバスケット演習と面接演習の実践」発売開始
2020年07月21日
【投稿】テレワークや在宅勤務下における指示・依頼文書はインバスケット演習で強化
2020年07月09日
【お知らせ】Webアセスメント研修をご紹介させていただきます
2020年04月03日
【お知らせ】新刊「インバスケット演習の実践」が発売開始
2019年09月26日
【お知らせ】新刊書籍がAmazon”売れてるビジネス書週間ランキング”で前週もランクイン

書籍のご案内

インバスケット演習と面接演習の実践(ラーニングス)著者:西山真一

管理職やリーダー、これから管理職を目指される方などを対象にした実践的マネジメントのアウトプット型学習書籍です。

 

本書は、“インバスケット演習”と“面接演習” というケースを活用してマネジメントを疑似体験していただき、マネジメントの経験値を高めると共に、その基本的な考え方を理解して、あなたの潜在能力の発揮度を高めていただけるように企画しました。

振り返り学習することで、職場ですぐに使える「考える力、決める力、人や組織を動かす力、部下とのコミュニケーション力」などマネジメント実践力を向上させることが期待できます。

今回はインバスケット演習の“基礎編”を掲載させていただきます。また、“面接演習”を初公開させていただきました。
面接演習は、問題を抱える部下に対する状況設定の中で上司として部下面接をするというケースを掲載しております。
実際にロールプレイングに取り組んでいただければと思います。

 

詳細は、こちらをご覧ねがいます

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

インバスケット演習の実践(ラーニングス)著者:西山真一

管理職やリーダー、人材アセスメント受験者などを対象にした実践的マネジメントのアウトプット型学習書籍です。

 

インバスケット演習を通じてマネジメントを疑似体験することで、管理職・リーダーとしての経験値を高めることができます。
今、部下がいなくても、まだ管理職でなくても、大丈夫です!

職場ですぐに使える、考える力、決める力、人や組織を動かす力などを向上させることが期待できます。
是非、本書を通じて、一生役に立つ!マネジメント実践法を身につけてください。

 

【学べます】
・管理職や経営者として活躍するためのマネジメント実践法
・経営や組織の分析方法や、管理職としての方針の立て方
・問題解決をするための思考プロセス、意思決定プロセス、実行プロセス
・部下や周囲への指示や依頼の出し方と留意点
・成果管理の方法

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

人材アセスメント受験者、管理職のためのインバスケット演習(ファストブック)著者:西山真一

インバスケット演習を活用してマネジメントを実践的にトレーニングすることができるビジネス書籍です。

本書は、次のような方にお薦めです。

  • これから管理職を目指される方
  • これまでにインバスケット演習を体験された方で、「悔しかった」、「もっと勉強したい」、「再チャレンジしたい」、「繰り返し体験してさらにマネジメント能力を高めたい」、「再度受験するので勉強したい」などの思いをお持ちの方
  • すでに管理職・経営者だけど、マネジメントの知識をさらに強化したい、実践的なノウハウを学びたいという方
  • 職場で通用するマネジメントを実践的に学びたい方
  • これから人材アセスメントにチャレンジされる方

 

詳細は、こちらをご覧ねがいます

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします。

管理職の基本と原則(労務行政)  著者:本田和盛

『人事が伝える労務管理の基本』からマネジメントに関する項目を抜き出し、さらに管理職として必要となる実践知を大幅に加筆した管理職向け基本テキストの決定版。すでに1万人以上の管理職に読まれ、バイブルとして活用されている。やる気の無い部下への対処法、部下を育てる叱り方など部下指導のノウハウが手に取るように分かる。管理職研修のサブテキストとしても多くの企業で採用されている。

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします

管理職の理論と実践(労務行政)  著者:本田和盛

『管理職の基本と原則』に続いて上級管理職向けに書き下ろしたマネジメントの理論と実践の書。組織を動かし業務を遂行する。業務を管理し成果を高める、複雑な問題に対処する、リーダーシップを発揮しチームをまとめるなど、管理職に必要なマインドセットとスキルセットについて100項目にわたり図解入りで解説している。ヒューマンアセスメントで求められているスキル項目の理解にも役立つ。

 

Amazonでのご購入は、こちらからお願いいたします